スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウーロンの薔薇

ウーロンのバラが咲きました。
IMG_0809.jpg

ウーロンにお供えしているお花はほとんどがスーパーで300円くらいで買ったものです。
この薔薇も、元はそう。
お供えに使っている花瓶は背が低いため、花から下8センチくらいしか使わないのです。
このウーロンのバラは、切り落とし葉と茎だけになったのを根付かせて・・・
見事に咲いたものです♪

私は、手術して1年以上経過しました。
検査・・・異常なし。
次は来年検査予定。
手術してもらった病院をはなれ、別の病院に行くことになりました。
といっても、診てくださるのは手術をしてくださった先生。
何が良いって、その病院は予約がいらない!
手術した病院は、必ず予約が必要で、逆に予約した日は暑かろうが寒かろうが雨だろうが行かなきゃだった。
来年、寒くも暑くもなくお天気もほどほどに良い日を選んで病院に行こうと思います。

久々の更新でした・・・。
先日、ご近所のワンちゃんが旅立った。
享年17。
ウーロンが生きていれば同い年だ。

その飼い主さんと話していると、
「ウーロンママさん!手術から1年くらい経ったんじゃない。体調はどう?」
と聞かれた。
問題なしと笑顔で答えた後、
無意識にいろいろなことを口走っていた。

私はウーロンがいたころ、"ウーロンがいなくなるなんて嫌だ嫌だ"と思っていた。
でも、ウーロンがいなくなって気付いた。
どんなに"嫌だ"と思っていても、来るものは来ちゃうんだって。
だから、ウーロンが生きているときに、"嫌だ嫌だ"と思っていた時間は無駄だったなって。

この病気も一緒。
先生は「全摘しても再発してしまうことがある」とおっしゃる。
再発を見逃さないように過ごすのは大切なことだけれど、
"再発したら"を思って過ごすのは無駄だなーって。

辛くて泣いたこともあったけれど、
ウーロンの死を受け入れることを経験していたからか、
"今は泣いていても仕方ない"と思い、この先ずーっと泣いている姿は想像しなかった。
というか、ウーロンの死に比べたら、辛さの比較にすらならなかった。
ウーロンの死を経験していなかったら、憔悴するだけの心配を悶々としていただろうなーって。

その飼い主さんは
「ウーロンちゃんは、その死でもママさんに教えを残したのね」

私のウーロンちゃんはすごいワンコなのでした。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

ウーロンママ

Author:ウーロンママ
 
 
 にほんブログ村 犬ブログへ←ポチッ♪
にほんブログ村に参加しています。
ポチッとお願いします。

♡♡♡♡♡♡♡
家族構成
☆ウーロンママ
☆ボノボ(ウーロンママの夫)
  時にヤムのOTTOになる 
 
☆我が家のワンコたち☆

ウーロン(♀)14歳9か月で
平成25年11月21日旅立つ
我が家のトップドッグ

「めざましテレビ」
~きょうのわんこ~出演
わんこ№2208



ヤム(♀)9歳10キロ
鼻にしわを寄せ、
牙を見せながらも
ヘソ天する不思議なコ。
とても弱虫



新米(♂)7歳18キロ
1番怖いのは
ウー姉ちゃんサマ(ウーロン)。
ヤム姉ちゃんは怖くない
意外にお調子ワン

以前の「わんコ☆わんコ☆わんオ」は
こちら←ポチッ♪

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。