スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳房全摘手術・・・心の受け入れ

葉状腫瘍のため、右胸の全摘手術を受けました。

入院前に、看護師さんたちに渡す書類の中に、
「今、つらいことは?」の質問がありました。
術後の姿は写真で見せられていましたが、それが自分に・・・となると想像できませんでした。
なので、
「術後の自分の姿を受け入れられるかどうかがわからず不安です」と書きました。

術後、4日間入院していたんですが、
その間のスケジュールに"看護師と一緒に傷を見る"というのがありました。
私、拒否しました。「見ることはできません」と言いました。(なんか、涙が出てきた)
その後も、直接的ではないのですが、"傷を一緒に・・・"って感じの時があって。。。
看護師さんに言いました。
「私は今、面白い話には笑えるし、テレビを見ても楽しめる。
でも、無理に傷を見ようとそこに一生懸命になると、今楽しめることも出来なくなるかもしれない。
いずれ受け入れなくてはならないものは、歴然とここ(胸ね)にあるから、いつかは・・・。
自分のペースで受け入れていきます」
結局、退院まで、見ることは出来なかったです。

"見ることができない"のは今に始まったことではありませんでした。
3月ごろからしこりが胸の形を変えていくにつれ、
お風呂でも怖くて胸を見ずに過ごしていました。

退院してもお風呂でも自分の胸を見ることができず、
泣きながらお風呂に入っていました。
でも、"早く受け入れなくちゃ"という焦りは全くなかったです。
「今は仕方がない」という気持ちで過ごしていました。
手術後は感覚が麻痺しているところや、痺れているところ、
それに腕が自由に動かないということがあったので、
手が自由に動くようになってから…・。お風呂に入っても泣かなくなってから…。
傷を見るのはその後でもいいんじゃないか・・・と思っていました。

退院してから3日後に、病院の外来で傷を見てもらう日がありました。
病院から帰って家に入り、声を上げて泣きました。
声を上げて泣くなんて、ウーロンが逝ってしまって以来でした。
その日のお風呂でも涙が出てきました。
といっても、お風呂から上がってドライヤーをかけるころには、さっきは泣いちゃったねーって感じでいました。

その翌日の朝のワン散歩が終わり、ヤムのブラッシングをしている時のことでした。
なんとなく、胸に違和感を感じ服の上からその場所を触ってみると・・・、
プクっと膨れているではありませんか。
その途端、傷を見るのが怖いとかこの姿を受け入れられないだのなんだの・・・
そんなことどうでもよくなりました。
すぐに傷跡も含め膨れているところを確認しました。
ちょうど膨れているところは、傷の上からテープを貼られている場所と重なっており、
触れてみても、そこにしこりのように固いものがあるかどうかがわかりません。
ネットで葉状腫瘍の局所再発を画像で公開している人がいるので、
その画像と自分の膨れているところを見比べてみる・・・んー、わからない。

その時の心境は・・・
私、生きなくちゃ!!!
2年後にはムーミンのテーマパークに行くのよ!
ヤムと新米をちゃんと看取るのよ!
看取った後、ペットロスになって苦しんで、
涙を浮かべながらも笑顔で思い出せる日が来るまで頑張るのよ!!!

そして、戦闘態勢に入りました。
再発だったら、また切ってもらおう!
浣腸も頑張ろう!
やっぱり、あの経口補水液は飲めないだろうから、なにを飲んでも良い時間のぎりぎりまでお水とソルティーライチをガバガバ飲もう!
手術室に入ったら、今度は「手を握ってもらってていいですか?」とお願いしよう!
えー、それと、手術後の病室ではおとなしく酸素マスクを着けていよう!
(酸素マスクが邪魔でねー。以前、入院していた人がこの酸素マスクを外していたら、
先生に取っちゃだめだよー!と怒られたそうで。
私はばれないように外していました。んー、でもね、酸素飽和度に異常はなかったと思うんだけどなー)

数日後の通院の日、傷を見てもらいました。
そして、気になるところを先生に話しました。
先生の「悪いものではありませんよ」に涙が止まりませんでした。
悪いことへの覚悟は頑強なまでにしていたのにね。
泣いているのを謝るしかありません。
「すいません。怖かったもんで」
すぐに看護師さんが手を握ってくれて、
「気持ちはよくわかりますよ」と優しく言ってくださいました。
そっか・・・これからは無意識でもこの恐怖が私の中にあるんだな。。。と思い知らされました。

でも、この再発かも!?騒ぎのおかげで、
私は自分が思っていたよりもずっとずっと早く傷跡を見ることができました。

今は、お決まりのようにお風呂で泣くことはありません。
それでも、時々、ふと涙が出てきます。
なんの涙かは自分でもよくわかりません。
去年の秋くらいに気付いた胸のしこりの不安から
病院行って、手術になって。。。
やっぱり、今は泣いちゃっても仕方がないのかなーと思います。

でも、大丈夫です♪
P7175142.jpg
こんな画像も貼れちゃいますから(^^)

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

ウーロンママ

Author:ウーロンママ
 
 
 にほんブログ村 犬ブログへ←ポチッ♪
にほんブログ村に参加しています。
ポチッとお願いします。

♡♡♡♡♡♡♡
家族構成
☆ウーロンママ
☆ボノボ(ウーロンママの夫)
  時にヤムのOTTOになる 
 
☆我が家のワンコたち☆

ウーロン(♀)14歳9か月で
平成25年11月21日旅立つ
我が家のトップドッグ

「めざましテレビ」
~きょうのわんこ~出演
わんこ№2208



ヤム(♀)9歳10キロ
鼻にしわを寄せ、
牙を見せながらも
ヘソ天する不思議なコ。
とても弱虫



新米(♂)7歳18キロ
1番怖いのは
ウー姉ちゃんサマ(ウーロン)。
ヤム姉ちゃんは怖くない
意外にお調子ワン

以前の「わんコ☆わんコ☆わんオ」は
こちら←ポチッ♪

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。