スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検査結果

ミナトセンターで健診を受け、2週間くらい経った頃、
「先生が直接ウーロンママさんにお話ししたいということで・・・、」
と、呼び出しを受け、先生の話を伺いに行きました。

きみまろ先生いらしゃるのかな~と思っていたら、違う先生でした。
検査結果の説明をしてくれたのは、柊又三郎先生。(←わかるかしら?)
柊先生が話してくれたのは、
・良性の葉状腫瘍であること
・この腫瘍はどんどん大きくなる性格があること
・手術が必要なこと
・紹介する病院は再建手術ができる病院が良い
こんな感じだったかな???

このとき、初対面の柊又三郎先生。
この先生に担当してもらいたい!と思ったくらいでした。
声の出し方、顔の表情、質問の受け方答え方。
すべてに不安を感じさせないよう接してくださいました。

グリーン病院を紹介してもらい、治療してもらうことを決めるたのですが、
検査している期間にも、腫瘍は大きくなっているような気がします。
柊先生の話があったから、あまり不安を抱えずにこの期間を過ごせています。

実は、私、グリーン病院の里見先生(わかるわよね!?)の話を聞くまで、
柊先生の言っていたことを100%理解していないことに気付くのでした。。。
柊先生が「再建手術ができる病院」って言ったとき、
私は「ちょっといびつになるくらいでしょ???いらない!いらない!」と思っていました。
里見先生と話した時に、最初にたぶん(←ショックを受けて記憶がちょっと・・・)
「ごめんねー、乳がんの人の例しかないんだけれど、術後の状態を見せてあげるね。
傷はきれいになっているから安心して」と言われ、見せられたのが、
全摘手術の状態のものでした。
頭真っ白。心の中で「えー、ちょっと待って。いや、えー!?えーーー!!!」
あまりのショックで少し前かがみになっていたと思うのですが、
里見先生は続けます。
「この腫瘍は、1回の手術で取りきる!これが大事」
の説明と一緒に、"1回で全部取りきる"と紙に書きました。
先生は私を突き放すでもなく、淡々と説明してきます。
私は「あー、これは一つの方法なんだな。今、私の動揺した心に沿う言葉をかけられたりしたら、私、泣くもんなー」と少し冷静さが残っている部分でこんなことを考えていました。
「この葉状腫瘍というものは…」と腫瘍の性格を絵にしてくださいました。
私は文字で・・・
"腫瘍があるとしたら、この腫瘍は周りに種を蒔く。だから、この腫瘍の周りの種も含めて手術で取る必要がある。
これを考えると、腫瘍とその周り1センチを取る必要がある"
「これから、いろいろ検査をするから。担当してくれる先生に引き継ぐね」
と言われ、また、別の先生に会うことになるのでした。

里見先生の診察室を出て、しばらくして、別の診察室に呼ばれました。
その部屋に入ると、先生が・・・なんというか、若い!!!
童顔なだけかも!と思い、一応、首と手の皮膚を見たけれど、やっぱり若い!
全摘のショックは吹っ飛びました。
失礼ながら「おいおい!大丈夫か!?」
どのくらい若いかって、たぶん、医師になりたて。
30代前半。いってたとしても33か34。絶対35はない。
話して見ると、落ち着いた話しぶりでちょっと安心。
ERだったらシーズン3くらいのカーター先生ってとこでしょうか。

ミナトセンターも含め、これだけ短期間に4人の医師と呼ばれる人に会うと、
1人くらいは「あなたが医師になるって決めたとき、今のあなたみたいな医師になりたかったの?違うでしょ」と言いたくなるほどの医師に当たってしまうんだけれど、今回はみんな、穏やかで優しい。
病院が苦手で、ビクビクしている私にもほんとに優しく接してくださる。
というか、医師だけじゃなく、受付から会計に至るまで、気持ちよく過ごせます。
大きな病院ってもっと怖いかと思っていたら、検査の人も含め、私を"感情を持った人間"として扱ってくれています。
当たり前のことなんだけれど、これが出来ていない病院は確かにあります。

ここでも、検査、検査、なんですが・・・
えー、麻酔をする検査は
検査時の痛みを感じさせないためです。
麻酔をしているのに痛かったら、すぐに「痛い」と言わなくちゃいけない、と勉強した私でした。

長くなったので、この辺で・・・。

今を生きよう。

葉状腫瘍ということがわかり、
検査がひと段落したとき、
1週間ほどは激しく心が落ち込みました。
夜も眠れず、食欲もなく、ワンコーズと過ごしても楽しくありません。
心というか頭全部が落ち込んでいたわけではないようで、
「この状況を早く脱しなくちゃ」
「今、私の脳は良い状態ではないな」ということはわかっていました。

その時、思い出したのは、ウーロンを見送る前の1週間。
私はこの1週間の自分の心の在り方を一生悔いると思います。
歩けなくなったウーロンを見て、「あと1回だけ、昔のように遊んでくれたらな」とか
「もうすぐ、いなくなっちゃうんだ」と、
今のウーロンを受け入れられず、過去を懐かしみ、未来を悲観していました。

"今""今""今"を生きないと、後悔すると教えてくれたのはウーロンです。

「葉状腫瘍」をネットで調べると、時々、けんもほろろな記事に当たることがあります。
それも、事実なのでしょう。
どんな病気かを知るのは大切なことですが、未来を心配する必要はないのです。

私は、この葉状腫瘍の部分は私にはどうすることもできない。
だから、この部分は全部先生方にお任せしよう。
私は心を保ち、腫瘍を除いて健康な体でいることにしよう。
そう決めたとき、心は軽くなりました。

ヤムと新米とのお散歩も楽しめるようになりました。

それに、ちょっとした楽しみが・・・
全身麻酔って今私が行けるウーロンに1番近い場所だと思います。
ウーロンも頑張って私に近い場所に来てくれるのなら、
もしかして、会えるかもしれません。
たとえ、私が目を覚ました時に覚えていなくても。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

ウーロンママ

Author:ウーロンママ
 
 
 にほんブログ村 犬ブログへ←ポチッ♪
にほんブログ村に参加しています。
ポチッとお願いします。

♡♡♡♡♡♡♡
家族構成
☆ウーロンママ
☆ボノボ(ウーロンママの夫)
  時にヤムのOTTOになる 
 
☆我が家のワンコたち☆

ウーロン(♀)14歳9か月で
平成25年11月21日旅立つ
我が家のトップドッグ

「めざましテレビ」
~きょうのわんこ~出演
わんこ№2208



ヤム(♀)9歳10キロ
鼻にしわを寄せ、
牙を見せながらも
ヘソ天する不思議なコ。
とても弱虫



新米(♂)7歳18キロ
1番怖いのは
ウー姉ちゃんサマ(ウーロン)。
ヤム姉ちゃんは怖くない
意外にお調子ワン

以前の「わんコ☆わんコ☆わんオ」は
こちら←ポチッ♪

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。