スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲哀の仕事が終わるころ

私はウーロンが11月21日に旅立ってから、泣かなかった日は今まで1日もありません。
もっと言えば、もうお別れが近いと認めざるを得なくなった旅立ちの1週間前からです。
ウーロンの旅立ちの前後1週間が1番辛い日々でした。
前と後では辛さの種類が違いますけれどね。

"前"の1週間は穏やかな日々だったんですよ。
病院の先生からは「食べないようだったら点滴に連れてきてください」と言われましたが、病院には行きませんでした。
もちろん、苦痛がある場合には最大限その緩和に努めるつもりでいました。
心臓を患っていたため、咳や呼吸困難を恐れていましたが、それもありませんでした。
ウーロンはほとんど寝たきりの状態にもかかわらず、日向ぼっこができる時間になると一生懸命起き上がりました。
毎日、毎日、日向ぼっこしました。
PB154959.jpg

ただ、それはそれで、だんだんと弱っていく姿を見ているというのは、息苦しくなるほど辛く感じたこともありました。
そんな時は、「ウーロンは苦しんでいない、ウーロンは穏やかに過ごしている」と何度も何度も呪文のように唱えていました。

旅立ちの後、3週間ほどは、外出の時はウーロンの首輪が手放せませんでした。
外にいるとき言いようのない不安に陥ると、ポケットの中のウーロンの首輪をギュッと握りしめて心を落ち着けていました。

ウーロンがいないということがしっくりこない日々は終わり、
ウーロンがいないということが、自分の中に染み込んできていることを認識した時もショックでした。

つい2、3日前まで、どうしても"前"の1週間の辛さから抜け切れずにいたんですが、ふと、気付きました。
ただ、ただ、穏やかに何もせずに過ごさせてあげることができた人間は、私だけしかいなかったんだなーと。
私はちゃんと"ウーロンのおかあちゃん"が出来たんだなーと。
このときは、今までとは違う涙が出ました。

そうそう、小笠原諸島に突如現れた例の島。
あの島って11月21日に現れたんですってねー。
ウーロンの旅立ちの日でした。
西ノ島とくっついて新たな名前が付く可能性は低くなっているようですが、私の中では、あの島は「ウーロン島」です。

朝、私はまだ暗いうちに起きます。
外に出て、月を探して「ウーロン!おはよう♪」と言い、
ほぼ真上に輝いている北斗七星にも「ウーロン!おはよう♪」と言います。
曇っていて見えないときは、「見えないけれど、ウーロン!おはよう♪」です。
散歩中に見る朝焼けにも、冷たい空気にも「ウーロン!おはよう♪」です。
何度も何度も、「ウーロン!おはよう♪」です。

いつかこの「悲哀の仕事」が終わって、心の整理がついたら、
ウーロンはお骨は土に還そう・・・と思います。

comment

Secret

No title

ウーママ、ご無沙汰しています。
初七日の記事を読んだ時、
すごくショックで、ウーママの様子が気がかりでした。。

ウーちゃん、最期は穏やかだったんですね。。
ウーママのそばで、おうちで最期を迎えられたのは
ウーちゃんきっと安らいだ気持でいたでしょうね。

毎日日向ぼっこを日課にしていたウーちゃん。
ぽかぽかの中イイお顔してるね。
これまでブログでも癒しをくれてありがとう。
どうぞ安らかに、ウーちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。

ルビーままさん

そうなんです。
あのウーちゃんが逝ってしまったんです。
最近になってようやく「ウーロンは本当に逝ってしまったんだな」って思うようになりました。
14年以上一緒にいたのですから、この生活に慣れるのは少し時間がかかりそうですが、
焦らずに、ほどほどに頑張ります。

ルビーままさんご一家にとって良いお年になりますように・・・
今年もよろしくお願いします。

で、腰は大丈夫ですか~?
寒いからなおさら辛いですよね。
お大事にしてくださいね。

ウーロンちゃん

ウーママ。
わたしもあの島を、「ウーロン島」と呼びます、これからは。

月に、星に、風に、光に、お日さまに。
お部屋の中から飛び出して、ウーロンちゃんは、
あらゆるもの、すべての中にいるんですよね。

哀しみと喪失感と。。
辛くて苦しいことと思いますが、
どうぞ、お身体には気をつけてね。

No title

特別なウーちゃんでしたもんね
悲しくて辛くてあたりまえです
私も一人の時コロリ達を想い
鬼の目から涙をまだ流してます

ウーちゃんのご冥福を祈ります

あきさん

あのウーロン島のニュースが最近ありませんねー。。。
「あの島がこんなに大きくなりました」っていつかニュースで見てみたいです。
その時は、きっと美人なワンコちゃんの形になっているはず。(滝涙)

自然でも人工的でも美しいものを見たときは、
ついつい「ウーロン!」って呼んでしまいます。

コメントいただいた8日はウーロンの49日でした。。。
私は町内会の仕事でしたけど。

コロリ達の母さん

ありがとうございます。
この地上が大荒れの天気でも
きっとウーロンのいるところは穏やかで優しい場所に違いありません。
昨日8日はウーロンの49日。
今頃、母さんのところから旅立ったワンコちゃんたちに会っているのかなーなんて思ったりします。

母さんのコメントで安心しました。
まだまだ、泣いてしまってもいてもいいんですよねー。

その・・・私の特別のウーロンちゃんは
まだ、夢にさえ出てきてくれません。


No title

ウーちゃん、亡くなったんですね。
ウーちゃんはいつも大事にされていて、私はめろんに対していい母なのか反省させられていました。

めろんも、9月に亡くなりました。やはり最後の1週間は餌を食べなくなり、獣医さんと相談して、大好きなアイスクリームを食べさせてうちで最後の日々を過ごしました。

大嫌いな病院に連れて行くのはどうしてもかわいそうで。
最後は独立した子ども達が会いに来て帰った直後、みんなに会えて安心したかのように、私の膝の上で息を引き取りました。

今頃ウーちゃんと会ったかしら。
ウーちゃん、うちのめろんと仲良く遊んでね。

本当に寂しいですね。
ご冥福をお祈りします。

めい母ちゃん

コメントありがとうございます。

めろん隊長はアイスクリームを食べていたんですね。
ウーロンがいよいよ食べられなくなった時に、カステラ、蒸しパン、アイスクリームなどを食べさせようとしましたが、その時はもうどんな食べ物も受け付けてくれませんでした。
後悔することは山ほどあるけれど、「もう少し早くなんでも食べさせる決心をしていればよかった」の後悔は大きいです。
母さんみたいに、誕生日にはケーキも食べさせればよかったとかね。

今頃、めろん隊長とウーロンは
「トップドッグって大変なのよね」お互い労い合っていることでしょうね。

本当に寂しいですね。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

ウーロンママ

Author:ウーロンママ
 
 
 にほんブログ村 犬ブログへ←ポチッ♪
にほんブログ村に参加しています。
ポチッとお願いします。

♡♡♡♡♡♡♡
家族構成
☆ウーロンママ
☆ボノボ(ウーロンママの夫)
  時にヤムのOTTOになる 
 
☆我が家のワンコたち☆

ウーロン(♀)14歳9か月で
平成25年11月21日旅立つ
我が家のトップドッグ

「めざましテレビ」
~きょうのわんこ~出演
わんこ№2208



ヤム(♀)9歳10キロ
鼻にしわを寄せ、
牙を見せながらも
ヘソ天する不思議なコ。
とても弱虫



新米(♂)7歳18キロ
1番怖いのは
ウー姉ちゃんサマ(ウーロン)。
ヤム姉ちゃんは怖くない
意外にお調子ワン

以前の「わんコ☆わんコ☆わんオ」は
こちら←ポチッ♪

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。